2007年07月31日

新たなる遺伝子??

やあ、みなさん こんばんは。

ヒサビサ登場の、スパイダーワンです。

皆さんの地域はもう、梅雨明けしたかな?
ふふん、そか〜〜、もう、明けたか。

僕が住む地域は既に梅雨明けして、
朝から「ミ=======ン、ミンミンミ====ン」
と、うるさいのなんのって。
声はするのだが、姿は見えず。

きっと、地球を狙う宇宙人だな。
宇宙人はボクの担当範囲じゃないから、
スーパーワンに、メールしとくよ。



今日は、この、まゆのようなカプセルで
新たなる悪の組織と戦う為、旅立った。


IMG_5009-s.jpg


カプセルの中は快適とは言えなかった。
メッシュ状の窓があるのだが、
外の景色がメッシュ上にしか見えないため、
ボクは、かなりのストレスだ。

まあ、生温かい壁からは

「大丈夫よ〜〜」

と、優しい?声が聞こえるのだが、
何が大丈夫なのか???

これから世にも恐ろしい起こることは、
ボクには、全く知らされていなかったのだ。

その時!
『カンカンカンカン〜〜』
と、不気味な音程が聞こえてきた。
ここは、落ち着いていられないゾーンなのだ。
トラ模様の黄色とクロの長い棒が僕達をさえぎり、
箱状のものが人間達を異空間へと連れ去っていく。

人間達の無表情さ。
多分、催眠術でもかけられているのだろう。
じゃなきゃ、立ったまま、目をつぶっている人間など恐ろしいではないか!


不気味な音は箱が去ると消え去った。

くそ、助けられなかった。
この、アミアミの窓さえ開けば。。。

しばらくすると、景色が変わらなくなった。
あれ?これは〜〜かいだ事のある匂い。

ママの声だ。

「こんにちは〜、先ほど電話しました、みなみです」

だって。
すると、
アミアミの窓がじじ〜〜〜〜っと開いた。

ひょう〜〜、やっと出れた!
なんだか来た事あるぞ!!
広い床に出られた嬉しさから
ウロチョロ歩き回っていると、


「みなみさ〜〜〜ん」

と、呼ぶ雄の声が聞こえた。
は、博士??
ママはぼくを抱くと、
中へ入って緑色の実験台に載せた。

「はい、まずは体重ね〜」
「はい、4.3キロ」
「んじゃ、打ちますね〜〜〜。」



いまようやく、事態が飲み込めた。
まさか====!
これは======!!



「大丈夫だよ〜〜」


って、何が大丈夫なんだ====!
あ、あ、はかせ〜〜〜、

アアァ〜〜〜〜〜〜〜。







IMG_5010-s.jpg








こうして、ボクは新たなる遺伝子を持つことになった。
もう、狂ったスパイダーワンになれないのか。
ブラックよ、さらば。。。

もう、普通のノーマルのスパイダーワンの
スーツしか着られないのだろうか?



ニックネーム みなみ at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
え〜!
何、なに???
スパイダーワンは何されちゃったの??

それにしても可笑しい〜顔(笑)
異空間に連れて行かれる人間達を助けられないスーパーワンひらめき
シーkunの苦悩の表情が目に浮かびますよ〜顔(笑)

写真のシーkun、何だかフクザツな表情だけど
これもまたとってもcuteですね顔(メロメロ)
耳パタンがかわゆい揺れるハート
Posted by りえ at 2007年08月02日 16:05
りえさんへ

シー君「狂犬にならない注射」だって言ってるのに、
「スパーダーワンに変身できない」
と大騒ぎ。

この顔は、通称、「ミミパタ」と呼ばれるものです。
(モチロン、家族の中だけの話ですが)
足の開き加減が、ビビリわんこらしいでしょ?
Posted by みなみ at 2007年08月02日 22:15
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/981126

この記事へのトラックバック